東広島交響楽団の沿革

stage01.jpg

 東広島交響楽団は、2005年12月、東広島市周辺に在住する有志たちによって、東広島市を拠点とする初の市民オーケストラとして結成されました。同月28日、結成記念演奏会として第1回演奏会を開催し好評を収めたのを皮切りに、年数回の演奏会を開催し、意欲的なプログラムに挑戦してきました。
 当団は団員の固定をせず、毎回プログラムに合わせて参加者を募集するという形をとっています。そのため、人数の確保という課題を抱えながらも、その身軽さと自由さを活かした音楽活動を展開しています。また幅広い参加者と音楽を通して交流したいという理念のもとに活動しており、これまでに小学生から社会人まで、また東広島市民のみにとどまらず他市や他県からも多くの参加者とともに音楽をつくってきました。
 
 2013年8月には佐村河内守の作と言われていた交響曲第1番「HIROSHIMA」の全曲版広島初演、2015年には同じく東広島市を拠点に活動する東広島混声合唱団との合同演奏会を成功させるなど、年々その活動の幅を広げています。
 結成10周年を記念し作成した楽団ロゴは、広島出身のアーティスト・エドツワキ氏によるデザインです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438019473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック